サージカルガイドシステム(手術支援システム)について

サージカルガイドシステムは「安全・確実なインプラント手術」を可能とします。

1.

CT撮影による診査・診断

理想的な歯の形を決定し、その形をCT画像上に取り込みます。その上でインプラント体の理想的な埋入位置を決定してきます。

距離:0.1ミリ単位・角度:1度単位で設置するインプラントの位置を検討して行きます。

また、近くの神経・血管に触れることない確実に安全な位置に設計していきます。

2.

サージカルガイド作製

十分検討され理想的な設置位置が決定されたデータと模型をドイツのSicat社に送り、サージカルガイドを作製します。

海外での作製になるため、製作期間は3週間程度かかります。

診査・診断
3.

インプラント埋入手術

ドイツにて作製されたサージカルガイドを用いて手術となります。
インプラント設置位置はこのガイドにて事前に決定しているため、手術時間は従来に比べてかなり短縮されます。

 

4.

手術結果

事前にCTの画像上にて理想的な位置に計画した通りに、インプラントは埋入・設置されます。

 

5.

術後

極めて理想的な位置にインプラントが設置されているため、歯の形も理想的にすることができ、良好な結果を生み出しています。