症例カテゴリーをご選択ください。
治療前
治療後

前歯のインプラントとオールセラミックスの症例

前歯の差し歯がグラつくので診て欲しい

 

かなり以前に治療された前歯がグラつくとのことでしたが、実際は歯根が折れてしまって保存不可能な状態でした。

 

歯を失った場合、横の歯を削って被せ歯を入れるブリッジと言う方法がありますが、歯を削ってしまう事が最大のデメリットです。

今回は歯を削りたくないと言うご希望がありましたので、インプラントを選択しています。

人工歯根により完全に歯が出来上がるので、全く周りの歯を痛める事がないのが最大のメリットです。

 

前歯のインプラントは見た目も重要なため、非常に正確かつ緻密な治療が必要とされます。

今回はインプラントも含め横の歯もオールセラミックスで仕上げて、審美的に良好な結果が出た症例です。

 

 

治療前
治療後

セラミッククラウン(被せ歯)

奥歯の銀歯が笑ったときに見えるので、キレイにして欲しい

 

奥歯の銀歯が何本かあり、笑うたびに金属色が見えるので、そこをキレイにしたいとのことでした。

 

笑うと唇(口角)が上に上がるので、ちょうど銀歯が見えてしまいます。そこをキレイに直すために

今回はe-maxセラミックと言う素材を選択しました。

 

白くキレイに仕上げるのも大切ですが、奥歯はしっかりと噛むところですので、すり減りがなくいつまででも

安定した噛み合わせを維持する必要があります。

保険診療でも白い歯はありますが、材料の強度が低いのですり減りが生じ、やがて噛まなくなることもあります。

そうなると他の歯に噛む力の負担がかかるのでバランスが悪くなり、他の歯が割れるてしまうリスクが高まります。

 

奥歯には『白さ』と『硬さ』を兼ね備えた材料を選択する事がベストです。

治療前
治療後

セラミックインレー(詰め物)

銀歯を白く綺麗にしたい

 

お口を開けて金属が見えるのが嫌で、白く綺麗にしたいとのことでした。

 

白い歯科材料は色々ありますが、今回はe-maxセラミックを選びました。

従来のセラミックよりも非常に強度が高いために、今回の歯のような第一大臼歯と言う

噛む力が何十キロとかかるところは最も適した素材です。

 

本物の歯のように綺麗に仕上がるのはもちろんのこと、セラミックはプラーク(バイ菌の塊)が付きにくく

また、歯にピッタリして適合精度のも高いため、再び虫歯になるリスクを下げる事が出来ることもメリットです。

治療前
治療後

歯科治療の全てを尽くして最大限歯を保存できた症例

前歯がグラついて虫歯で痛い

全体的に中等度から重度の歯周病であり、かつ歯がないところがあり、さらに歯並びにも問題がある状態でした。

一番気にされていた前歯はかなりの動揺があり、第一印象はかなり残すのが難しいと感じました。

これだけお口の中に問題が多くある場合、部分的な治療だけでは難しく、お口全体を治療する総合全体治療を提案しました。

状況はかなり厳しいので、いきなり大型の入れ歯になる可能性もありました。

しかしながら年齢も50代とお若くこれからの人生まだまだ長いので、より快適に過ごして頂けるように治療方針を決定するまでかなり悩み難航した症例です。

歯周病治療・被せ歯の治療はもちろんのこと、矯正治療・インプラント治療も行い、歯科治療の全てを注ぎ込み長い時間をかけて治療しました。その結果、最大限歯を残すことができ、見た目にも機能的にも高い満足度を得ることが出来たと思います。

私を信じて長い期間辛抱強く通院していただいた患者さんに、ただただ感謝です。

治療前
治療後

コーヌスデンチャー(ドイツ式義歯)

入れ歯を綺麗にしてほしい。

失ってしまった歯の本数も多く、また歯を抜いてしばらく時間が経過しているため、歯肉のボリュームも失われている所も認められました。

元々入れ歯を使っていたという事もあり、年齢もお若い事から入れ歯に対する順応性は高い状態でしたので、入れ歯治療を基本として治療計画を立てました。

残念ながら抜歯をしなければいけない歯も数本ありましたが、入れ歯の安定を考えて2本のインプラント治療を含め、見た目を最大限向上させるコーヌスデンチャーを選択した症例です。

入れ歯(コーヌスデンチャー)+インプラント治療の組み合わせは従来の入れ歯の安定性を飛躍的に向上させます。

 

 

治療前
治療後

前歯4本の歯肉の炎症を取り除いたオールセラミック症例

某美容歯科にて入れたセラミックスの歯を結婚式前に綺麗にしたい。

以前、超有名美容歯科にて施術されたが、歯の形・色ともに見た目に障害を起こしていました。

更に特筆すべきことは、歯肉が被せ歯に押しつぶされてしまって慢性的な炎症を引き起こしていました。

今回は4本を単純にやり直すだけではなく、治療の過程で歯肉を健康的な状態に導くことを重要視した症例です。

治療前
治療後

前歯4本にオールセラミックとラミネートベニア を用いた症例

前歯を綺麗にしたい。

前歯4本がまだらの色になっているので、審美的に改善をすることを目的に治療しました。

神経がない歯があったり、それほど削られていない歯があったりと、条件がそれぞれ異なる4本に対して最終的に均一に天然の歯のような美しさを表現するために様々な配慮を必要とした症例です。

各歯に対して状態を分析して適切な治療法を選択していきました。

治療前
治療後

歯肉の形を改善した前歯のオールセラミック治療

向かって左側の歯が短いので治してほしい。

以前入れたセラミックスの歯の形に不満があるとのことでご相談に来られました。

歯肉の形が左右違うために歯の形も必然的に左右非対称となってしまっています。

しっかりとした診査・診断を行なった上、今回は部分的な矯正治療を行うことにより歯肉の形を

コントロールして審美的に良好な結果が出た症例です。

治療前
治療後

前歯2本のラミネートベニア 治療

前歯が大きくかけてしまったので、綺麗に治したい。

転倒にて前歯2本が大きく欠けてしまった症例です。プラスチックを詰めて部分的に治すことも可能ですが、患者さんは、より綺麗に・より長持ちすることを希望されました。

歯を削る量を必要最小限にとどめると同時に、天然の歯の美しさを取り戻すことを可能とする『ラミネートベニア 』を選択しました。

この治療は歯科医師・歯科技工士ともに非常に高いレベルの技術を必要とする方法です。

治療前
治療後

前歯2本のセラミック治療

前歯2本の色が合っていないので綺麗にしたい。

昔のセラミックスの歯が入っているのですが、見た目に問題が生じています。

現在の治療技術では金属を使わないオールセラミックスを用いますが、色の再現性は素晴らしいものがあります。